死と彼女とぼく めぐるのあらすじ、結末、感想、ネタバレ、無料で読む方法まとめ【川口まどか】

死と彼女とぼく めぐる

川口まどか先生の

「死と彼女とぼく めぐる」を読みました。

死者の魂が見えるゆかりと優作。

2人は出会った瞬間、その不思議な能力故惹かれ合う。

そして、同じ能力を持つ優作の亡き母、杏子。

死者の魂との悲しくも壮絶なやりとり。

さらに、大きな死者の世界の陰謀に立ち向かう杏子の戦いが始まった。

「死と彼女とぼく めぐる」で検索して下さいね。

スマホの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!

死と彼女とぼく めぐる のあらすじ

物語は、死者が見えるゆかりと優作、

優作の父建一郎、母の杏子の人物紹介からスタートします。

大病を患ってから死者が見えるようになったゆかりは、

孤独な幼少期を過ごす。

ゆかりは、賢そうな大人びた印象です。

しかし、死者や動植物の心の声を聞くことができる優作と出会ったことで、

孤独な日々から救われます。

2人は、自分たちが初めて死者と心を交わした時のことを話します。

死者が見え始めたとき、その恐怖に対応する術もなく、

ただ逃げることしかできなかったゆかり。

そんな時、とても優しいおばあちゃんの死者と出会う。

生きていたときの自分の家に連れて行って、

旦那さんを通して、色々な果物をくれたり、

一緒に庭で過ごしてくれたおばあちゃん。

ゆかりも穏やかな時間を過ごします。

しかし、死者にとりつかれる女の子を助けようとして、

周りから白い目で見られるようになったゆかりは外出ができなくなり・・・。

家でふさぎ込むゆかりの前に、

おばあちゃんが会いに来てくれます。

大変な思いをしながら会いに来てくれたことを知ったゆかりは、

自分からおばあちゃんに会いに行くこと。

おばあちゃんおお陰で外に出ることができて、

また穏やかな時間を過ごすゆかりですが、

とうとうおばちゃんとの別れの時が。

死者との時間は期限があるものだと、ゆかりは知ります。

スマホの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!



死と彼女とぼく めぐる のネタバレと感想

一方、優作が死者と出会ったのは、母とが一番初めでした。

そして、また優作も、死者との時間には限りがあり、

そのスピードが速いと話します。

それを実感したのは、ウクレレを弾く

陽気な死者と出会ったからでした。

その死者が、一つ気になることを言い残したという優作。

死ぬ直前、「バンザイ」という声が聞こえたというのです。

その事も含め、死者について詳しく知る、

昔うるさくて赤い目の黒い幽霊だった

ハルナリエミちゃんに2人は話を聞くことに。

エミちゃんを幽霊から死者にしたのは、

優作の母、杏子だったようです。

エミちゃんは杏子と死者たちについて話し始めます。

杏子は、死者たちを操る存在がいることに気がつきます。

そして、その者と接触を試みますが、

その間に、生きている人間を殺して、

死者の魂を助けようとする者を見つけます。

その者の企みを邪魔した杏子は、

その者の仲間で杏子の以前からの知り合いに身体を切られてしまいます。

杏子は、女性ヒーローのような強さがありましたが、とどめをさせられたようです。

ちょっと信じられませんが・・・。

その身体は、現世の杏子の夫の元へ届けられ、

これ以上杏子が夢から出ないようにと釘を刺されます。

夫も腕を切り落とされてしまって・・・

これから敵を追い詰めていくかと思ったのですが。

切られた杏子はどうなるのでしょう。

そして、この者の企みはこのまま進められてしまうのか。

スマホの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!


;

死と彼女とぼく めぐる まとめ

1巻から、人物紹介からスタートしていることに驚きましたが、

死者の世界での複雑な話を理解する上で、

とても読みやすかったです。

死者の話なので、すこし気持ち悪く感じるところもあります。

生きていることの意味や、意義、殺人の正義など考えさせられる、深い題材でした。

「死と彼女よぼく めぐる」は6巻まで出ていて、完結しています。

この作品は、死者の世界を通して、生きる意味などを考えさせられる作品です!

スマホの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「死と彼女とぼく めぐる」を無料で立ち読み!


;

おすすめ電子コミックサイトランキング!

第1位!BookLive

booklive

BookLive公式サイトを見てみる

 

【Bookliveのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 約47万冊の電子書籍・電子コミックの在庫を持つ国内最大級の電子書籍サイト
  • マンガだけではなく、小説、雑誌、ライトノベル等もあります
  • 購入した作品は半永久的に閲覧可能です
  • Tポイントにも対応しています

 

第2位!まんが王国

まんが王国

まんが王国公式サイトを見てみる

 

【まんが王国のおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 運営10周年を迎えた信頼出来るサイト
  • 「じっくり試し読み」で200ページも読める!
  • 「じっくり試し読み」作品は1300タイトル以上
  • 無料配信も日替わりで更新
ハッピーメール

YYC