キミノ名ヲ。のあらすじ、感想、結末ネタバレ、無料で読む方法まとめ【柘植ミズキ、梅谷百】

キミノ名ヲ。

梅谷百先生原作、柘植ミズキ先生作画の

「キミノ名ヲ。」を読みました。

鎌倉時代にタイムスリップしてしまった女の子が、

そこである男性と出会い恋に落ち、

歴史に巻き込まれていってしまうというストーリーです。

もともとは携帯小説だった作品で、

ストーリーの背景がしっかりしていてよかったです。

鎌倉時代の時代背景を知らなくても、

必要な部分は説明されていたので楽しめました。

「キミノ名ヲ。」で検索して下さいね。

スマホの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!

キミノ名ヲ。 のあらすじ

桜井千鶴子(さくらいちづこ)には5人の兄弟姉妹がいて、

母親が亡くなってからは一家の母親代わりとして

家事などを担当していました。

ある日、父親に会いに兄弟と鎌倉まで来た千鶴子は、

突然誰かに「ヒナ」と呼ばれているように感じます。

ふらふらとある神社の前まで行くと、

その場に座り込んでしまう千鶴子。

千鶴子の手首は、「何か」の手につかまれていたのです。

弟の桜井大和(さくらいやまと)が千鶴子に駆け寄りますが、

そのとき突然地面が崩れ、

2人とも暗闇へと落ちていってしまいます。

気が付くと千鶴子は見知らぬ家に保護されており、

大和の姿はありませんでした。

読み始めた当初は、優しいお姉さんという印象の千鶴子でしたが、

物語が進むにつれて「肝っ玉母さん」のイメージになっていってしまいました。

苦労しているのを感じさせないキャラクターでよかったです。

スマホの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!



キミノ名ヲ。 のネタバレと感想

どうやら鎌倉時代へとタイムスリップしてしまったと

気づき狼狽した千鶴子は、ある法師に助けられます。尊雲(そんうん)

と名乗るその法師は千鶴子の名を聞くと、

「鶴というよりせいぜい雛鳥だ」と千鶴子の名をからかいます。

千鶴子は、尊雲が「ヒナ」と呼ぶ声が、

自分がタイムスリップした時に聞いた声と同じだと気づき・・・。

初めはタイムスリップしたことに

混乱していた千鶴子ですが、

基本的には「強い女性」という感じなので、

見ていて気持ちがいいですね。

その後千鶴子は何かと助けてくれる尊雲に

惹かれていきます。

当時の「若衆」や「夜這い」の風習など時代背景も

ところどころ描かれていたので、

現代との違いに戸惑う千鶴子の気持ちに共感できました。

女性の立場としては、

当時の女性たちはどんな気持ちだったのだろうと

考えさせられるシーンも。

スマホの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!


;

キミノ名ヲ。 まとめ

尊雲の正体が「帝の皇子」かもしれない、

というところで1巻は終わっていますが、

この先どんどんシリアスな展開になっていきそうな雰囲気ですね。

だんだんと千鶴子がタイムスリップした時代が、

どんな状況にあるのかが明らかになってきて

物語に引き込まれていきます。続きが気になる作品です。

この作品は全4巻で、完結しています。

スマホの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミノ名ヲ。」を無料で立ち読み!


;

おすすめ電子コミックサイトランキング!

第1位!BookLive

booklive

BookLive公式サイトを見てみる

 

【Bookliveのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 約47万冊の電子書籍・電子コミックの在庫を持つ国内最大級の電子書籍サイト
  • マンガだけではなく、小説、雑誌、ライトノベル等もあります
  • 購入した作品は半永久的に閲覧可能です
  • Tポイントにも対応しています

 

第2位!まんが王国

まんが王国

まんが王国公式サイトを見てみる

 

【まんが王国のおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 運営10周年を迎えた信頼出来るサイト
  • 「じっくり試し読み」で200ページも読める!
  • 「じっくり試し読み」作品は1300タイトル以上
  • 無料配信も日替わりで更新
ハッピーメール

YYC