キミが好きとかありえないの感想あらすじ、ネタバレ結末・無料で読む方法まとめ【あおいみつ】

キミが好きとかありえない

あおいみつ先生の

「キミが好きとかありえない」を読みました。

少女漫画が大好きな女子高生、小町かなで。

かなでは漫画のような恋をする日を夢見ているが、

実は男子が苦手。

そんなかなでが恋をした相手。

それはクラスで謎の多いイケメン転校生として、

女子たちの人気を集める宮原日向。

日向への思いが通じ、

ついに告白されたかなででしたが実は日向の正体は・・・!?

「キミが好きとかありえない」で検索して下さいね。

スマホの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!

キミが好きとかありえないのあらすじ

少女漫画のような恋に憧れている主人公、

小町かなでは、まだ恋愛経験がゼロ。

いつか漫画のような恋をしたいと思っているけれど、

かなでは男子が苦手です。

地味でマイナス思考な自分を恋することで変えたい!!

と思っています。

そんな時、クラスに来たイケメン転校生宮原日向が、

かなでの大好きな漫画を好きだと分かります。

それをきっかけに、かなでは日向に恋をします。

恋を知らなかったかなでが、

周りからこれが恋だと言われて、舞い上がっている姿が、

女子が通る道だな・・・と懐かしくて可愛い!

日向に恋をしているだけで楽しいかなでですが、

周りからアプローチするように言われます。

かなでは意を決して、

日向も好きだと言った漫画の新刊を、

日向に貸そうとします。

しかし、日向ファンに邪魔をされてしまいます。

そこに、日向が現れ・・・!?

なんと、かなでに好きだと言います。

まさしく漫画と同じ花の舞う中の告白シーン。

女子ならだれでもOKしてしまいそうです。

スマホの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!



キミが好きとかありえない のネタバレと感想

漫画と同じ告白シーンに感動するかなでですが、

それもそのはず、その漫画の作家は日向なのでした。

さらに、日向はかなでを

ストーカーのように観察していたこともわかり・・・。

かなでの初恋はどうなっていくのでしょうか?!

漫画好きとしては、

漫画の中の恋愛に憧れるかなでの気持ち、

とても分かります。

周りの友達が漫画の恋愛について、

リアリティーがないと言いますが、

漫画の中でこの発言を書くことがシュールで笑ってしまいました。

しかし、まさか恋に落ちた相手が、

大好きな漫画の漫画家だったとは、驚きですね。

日向は、かなでが自分の漫画を大好きだと知り、

かなでが気になるようになったのでしょうか。

女の子が実は漫画家だったという話は読んだことがあったのですが、

恋に落ちた相手が漫画家という展開は新しいですね。

そして、さらにストーカーのような変態だった

という展開も、普通の少女漫画と一味違います。

スマホの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!


;

キミが好きとかありえない まとめ

可愛い初恋がどうなっていくのか。

この先が楽しみです。

「キミが好きとかありえない」は

14巻まで出ていて、完結しています。

この作品は、他の少女漫画とは少し違う設定の中、

初恋がどうなっていくのか楽しみな作品です!

スマホの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「キミが好きとかありえない」を無料で立ち読み!


;

おすすめ電子コミックサイトランキング!

第1位!BookLive

booklive

BookLive公式サイトを見てみる

 

【Bookliveのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 約47万冊の電子書籍・電子コミックの在庫を持つ国内最大級の電子書籍サイト
  • マンガだけではなく、小説、雑誌、ライトノベル等もあります
  • 購入した作品は半永久的に閲覧可能です
  • Tポイントにも対応しています

 

第2位!まんが王国

まんが王国

まんが王国公式サイトを見てみる

 

【まんが王国のおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 運営10周年を迎えた信頼出来るサイト
  • 「じっくり試し読み」で200ページも読める!
  • 「じっくり試し読み」作品は1300タイトル以上
  • 無料配信も日替わりで更新
ハッピーメール

YYC