水神の生贄のあらすじ、感想、結末、ネタバレ、無料で読む方法まとめ【藤間麗】

%e6%b0%b4%e7%a5%9e%e3%81%ae%e7%94%9f%e8%b4%84

藤間麗先生の

「水神の生贄」を読みました。

目が覚めても、暫くここが私の生きていた世界じゃないってわからなかった・・・。

大好きなパパとママと過ごす世界をある日突然奪われた有紗陽。

気が付いた時にいたのは今ではない世界。

さらに、その世界からも生贄として神様の元へ放り出され・・・。

氷のように冷たい水の神様に握られた有紗陽の運命は?!

「水神の生贄」で検索して下さいね。

スマホの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!

水神の生贄 のあらすじ

キレイなくるくるした赤毛とグレーの瞳を持つ有紗陽は、

母が作ったクッキーを楽しみにしているところを、父から庭に呼ばれます。

父と話して家の中に入ろうとしたとき、

庭の池の水に引き込まれ、水の中へ。

気が付いた時、そこは見たこともないほど暗い夕暮れ。

そこに、一人の少年が。

翠葉流というその少年は、弥生時代の民族に特徴的な髪型や衣服をまとい、

有紗陽と同じくらいの年恰好です。

見たこともない容姿の有紗陽を警戒する一族ですが、

翠葉流は母に懇願し、有紗陽が自分の家の娘となることを認めてもらいます。

翠葉流の母は顔は笑っていても目が笑っていない様子。

有紗陽を引き取ったことにはなにか理由がありそうです。

そして、村の祭礼の日。

祭祀に連れていかれた有紗陽は、湖のほとりの台に立たされます。

水の神への花嫁の生贄とされた有紗陽。

なんとか助けようとそれに気づいた翠葉流が手を伸ばしますが、

間に合わず、有紗陽は水の中へ。

気が付いたとき、目の前にいたのは、涼しい顔をした男性。

その男は、有紗陽に

「いいだろう 妻にしてやる」と言います。

スマホの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!



水神の生贄 のネタバレと感想

角のようなものを持ち、

長い髪の涼しい顔をしたこの美しい男性が、水の神様。

他にも、木の神や、金の神など複数の神様が存在するようです。

家に帰ると主張する有紗陽に、

神様はうるさいと言い、声を奪ってしまいます。

これは夢だ・・・と願いながら衰弱していく有紗陽。

暇つぶしにと外の世界を見る神様の隣で、

その水の鏡のようなものを見た有紗陽が目にしたのは、

有紗陽を探して湖に入った翠葉流の姿でした。

有紗陽を懸命に探す姿に、

他の神様は翠葉流が有紗陽にたどり着くのか賭けを始めます。

水の中への道を通り有紗陽の元へきた翠葉流。

しかし、お互いの眼に映るお互いの姿は屍のような恐ろしい姿。

それでも、お互いの手をとり、水の中から出た二人。

こっそり村で過ごしますが、

やはり翠葉流の母や村人に有紗陽の存在が知られてしまいます。

神の名の元に、熱湯に手を入れらされる有紗陽。

大やけどを負い、意識がもうろうとする中、現れたのは水の神様でした。

人の気持ちさえまったくわからない神様の悍ましさに、

神様の頬をたたいた有紗陽。

その行為に驚く神様。

有紗陽の運命は?!

スマホの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!



水神の生贄 まとめ

神頼み・・・とはよく言いますが、

その神様の実態を描く、一見罰当たりな漫画ですが、

その名の通りすべてを思い通りにしてきた神様が、

今まで出会ったことのない人間の娘と出会い、

その御心が変化していく様が、初恋に翻弄されているかのようで面白い作品です。

人間の男の子と神様の恋模様。

勝つのはどちらでしょうか。

「水神の生贄」は4巻まで出ています。

この作品は、まるで初恋に翻弄されるかのような神様にキュンとする作品です!

スマホの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「水神の生贄」を無料で立ち読み!



おすすめ電子コミックサイトランキング!

第1位!コミなび(めちゃコミ)

コミなびトップ

コミなび公式サイトを見てみる

 

【コミなびのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • オトナコミックがコミックサイトの中でも一番充実!
  • 買ったコミックをスマホに保存できる
  • 1巻まるごと無料を頻繁に行っている
  • ボーナスポイントがもらえる
  • 500円コースがお得なのでおすすめ!

※「めちゃコミ」という名称から変更された老舗のコミックサイトです。

9年以上の運営実績があるので安心。

2016年2月に東証一部に上場した「メディアドゥ」が運営しています。

 

第2位!BookLive

booklive

BookLive公式サイトを見てみる

 

【Bookliveのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 約47万冊の電子書籍・電子コミックの在庫を持つ国内最大級の電子書籍サイト
  • マンガだけではなく、小説、雑誌、ライトノベル等もあります
  • 購入した作品は半永久的に閲覧可能です
  • Tポイントにも対応しています

 

第3位!まんが王国

まんが王国

まんが王国公式サイトを見てみる

 

【まんが王国のおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 運営10周年を迎えた信頼出来るサイト
  • 「じっくり試し読み」で200ページも読める!
  • 「じっくり試し読み」作品は1300タイトル以上
  • 無料配信も日替わりで更新
ハッピーメール

YYC