女王の花の感想、結末、ネタバレあらすじ、無料で読む方法まとめ【和泉かねよし】

%e5%a5%b3%e7%8e%8b%e3%81%ae%e8%8a%b1

和泉かねよし先生の

「女王の花」を読みました。

亜国の亜姫は、ある日、

金の髪と天の色の眼を持つ男の子、薄星と出会う。

冷遇を受ける日々の中で、薄星とともに強く逞しく生きる姫。

しかし、姫の母、黄妃が毒殺され、人質として黄国へ行くことに。

大きく変化した姫の運命。

待ち受けている未来は?!

「女王の花」で検索して下さいね。

スマホの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!

女王の花 のあらすじ

〝女王の花″

とは、千年に一度だけ咲き、どんな望みも叶える力があるとされる花。

昔、まだ大陸が3国で争いあっている時代、

亜国の姫は、病気の母のためだけを思い暮らしていました。

ある日、亜姫は金の髪と天の色の眼を持つ奴隷、薄星と出会う。

始めて自分を獣としてではなく、人として扱ってくれた姫に、薄星は

「おれの一生はあんたのものだ」と言います。

亜姫と薄星は母の薬を買うため、無断で街へ出かけます。

そこで、眼帯をはめた商人青徹と出会う二人。

青徹は、貴族に必要な、学問、射術など6芸と呼ばれるものを、

自分のところで勉強するように言います。

王宮では、王妃は亜姫の母ですが、重い病にかかり、

妾の土妃に冷遇されています。

また、父も黄妃や姫のことは気にかけず、土妃の策略により、

十分な教育もうけさせてもらっていない亜姫です。

そして、亜姫が14歳の時、黄妃が毒殺されます。

14歳の亜姫は、大きな瞳で真っすぐ物事を見据える、

とてもきれいな女の子です。

スマホの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!



女王の花 のネタバレと感想

亜姫は、優秀すぎたため、父の怒りを買い、

また、黄妃が亡くなったことで、

母の生まれ故郷である黄国へ人質として贈られることに。

母の死と父の言葉に泣き叫ぶ亜姫に、

薄星は、千年の花の話を出し、どんな状況となっても、

傍にいることを誓います。

母を殺した土妃への復讐を誓い、

いつか亜国に戻ることを心に決め、黄国へ向かう二人。

黄国では、祖父から冷たい歓迎を受けますが、逞しく過ごす亜姫。

珍しい容姿の薄星が周りからひどい扱いを受けた時には、

賢い返しで相手に自分の過ちをしらしめます。

そんな中、土国が黄国に侵攻してきます。

亜国が同盟国として援軍を出さなかったことで、

亜姫は人質として殺されかけます。

どうせ死ぬのなら、殺されるより先に、

亜国へ行き、復讐をしようと考える二人ですが、

その愚かさを脱獄したところに居合わせた男にとがめられます。

それが、亜国の商人で、二人に学問を施してくれた青徹でした。

土国軍の兵の様子を報告に来た青徹。

青徹の言葉で、生きる道を決めた亜姫。

亜姫は、祖父に、自分を人質として殺すよりも、

自分を軍隊の先頭に出して戦わせてほしいと提案します。

その申し出を受ける祖父。

祖父は、亜姫に自分よりも先に死にぬなと言います。

亜姫を冷たくあしらっているように思えた祖父ですが、

愛情もあったのですね。

そして、いよいよ戦に向かう亜姫と薄星。

二人の運命は?!

スマホの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!



女王の花 まとめ

金色の髪と天色の眼を持つ薄星と、

黒髪で大きな瞳を持つ亜姫が歳を重ねて、美しく成長していく姿に、

ドキッとさせられます。

なかでも、14歳になった姫が、

薄星の髪と眼を誉めるシーンがとても印象的です。

まだまだ壮大な話が始まったばかりという印象の物語。

姫と薄星の運命がどうなっていくのか、ドキドキします。

「女王の花」は13巻まで出ています。

この作品は、成長していく主人公と、

戦国時代の先が読めない戦いにドキドキする作品です!

スマホの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「女王の花」を無料で立ち読み!



おすすめ電子コミックサイトランキング!

第1位!コミなび(めちゃコミ)

コミなびトップ

コミなび公式サイトを見てみる

 

【コミなびのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • オトナコミックがコミックサイトの中でも一番充実!
  • 買ったコミックをスマホに保存できる
  • 1巻まるごと無料を頻繁に行っている
  • ボーナスポイントがもらえる
  • 500円コースがお得なのでおすすめ!

※「めちゃコミ」という名称から変更された老舗のコミックサイトです。

9年以上の運営実績があるので安心。

2016年2月に東証一部に上場した「メディアドゥ」が運営しています。

 

第2位!BookLive

booklive

BookLive公式サイトを見てみる

 

【Bookliveのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 約47万冊の電子書籍・電子コミックの在庫を持つ国内最大級の電子書籍サイト
  • マンガだけではなく、小説、雑誌、ライトノベル等もあります
  • 購入した作品は半永久的に閲覧可能です
  • Tポイントにも対応しています

 

第3位!まんが王国

まんが王国

まんが王国公式サイトを見てみる

 

【まんが王国のおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 運営10周年を迎えた信頼出来るサイト
  • 「じっくり試し読み」で200ページも読める!
  • 「じっくり試し読み」作品は1300タイトル以上
  • 無料配信も日替わりで更新
ハッピーメール

YYC