ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へのネタバレ、あらすじ感想、結末、無料で読む方法まとめ【飛鳥あると】

ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社

飛鳥あると先生の

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を読みました。

震災から5年、陸前高田市で

必死に生きる人々を描くヒューマンストーリーです。

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」で検索して下さいね。

スマホの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!

ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ のあらすじ

未曾有の大災害だった東日本大震災から5年。

岩手チャグチャグ新聞社の記者、

坂東さきるは陸前高田市に出向きます。

そこはまだ震災の跡が

なまなましく残り復興には至っていません。

いつも以上に気を引き締めて取材をしようと意気込むさきるは、

まず流出した写真などの返却会場の「思い出の品」へ向かいました。

そこではガレキの中から集められた写真を洗浄して

持ち主に返却をしています。

代表の秋山さんによれば今までに少なくとも18万枚以上は返却していて、

それでもまだ7万枚は預かっているということでした。

さきるは津波に流されて拾われて

また戻ってきた写真たちに想いをはせます。

その時「思い出の品」に藤原さんという男の人が現れました。

秋山さんが手渡した写真を藤原さんは見、そして涙を流します。

でも次の瞬間、藤原さんは

「…ぱり…怒って…のか」と声にならない声をあげるのです。

ここのシーンの飛鳥先生の画力というか、

表現力がすばらしいのです。

私も思わず息を止めて藤原さんが思い出の写真を見、

そして声をあげるシーンを見てしまいました。

1枚の写真を見る、それだけですが

そこに詰まった想いが本当に深く表れているのです。

帰ろうとする藤原さんにさきるは声をかけます。

藤原さんによれば、写真に写っていた奥さんは

津波で亡くなったそうです。

そして明日が奥さんとの結婚記念日だということでした。

さきると藤原さんは一関市にある藤原さんの自宅へ向かいます。

自宅の仏壇で手を合わせ、藤原さんは

ぽつりぽつりと語ってくれました。

陸前高田の自宅と妻の咲子さんを失ったこと、

咲子さんは写真が嫌いで正岡子規や石川啄木の詩や歌が好きだったこと、

高田が好きだったこと…。

実は今日、地元の仲間に温泉に誘われている藤原さん

だったのですが、それを断ったことで友人が訪ねてきました。

咲子さんの写真を見た藤原さんは、

奥さんを津波で先に逝かせてしまったことへの

贖罪の念にかられているのです。

スマホの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!



ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ のネタバレと感想

一人、内陸で楽しむわけにはいかないと言う藤原さん。

その姿は、記者であるさきるが

今までに何人も見てきた震災の被害者家族の表情でした。

毎日仏壇と向き合って楽しみも遠ざけている藤原さんを

友人も本当に心配しているのです。

少しでも生きる気力を取り戻してほしいのです。

それでも藤原さんはかたくなでした。

ほっといてくれ、と背を向ける藤原さん。

どうしたらいいのか、

咲子さんの写真を凝視するさきるはふと気づきます。

そして急いで藤原さんに声をかけるのです。

車で写真が撮られた場所に駆けつけるさきると藤原さん。

そこは道の駅“高田松原”でした。

ですが藤原さんは車から降りようとしません。

悲しみを思い出したくないのです。

実はその場所には咲子さんが好きだった

石川啄木の有名な歌が刻まれた石碑が新しく建てられていました。

その碑に刻まれた“一握の砂”の一遍の詩の意味を

藤原さんは咲子さんに教えられていたのです。

それに気づいた瞬間藤原さんは咲子さんとの思い出に包まれます。

沢山の優しい思い出の中に込められた咲子さんのメッセージを。

咲子さんはこう言っていたのです。

そろそろ自分を生きなさい、頬の涙はいつか乾くものよ…と。

藤原さんはおだやかな表情で、

さきるに写真を撮ってくれるよう頼みます。

そして藤原さんは咲子さんの写真を

愛おしそうに見つめる写真を撮ったのでした。

写真が呼び起す普遍的な力を改めて感じるさきる。

一枚でも多くの写真が持ち主に笑顔と思い出を

運びますようにと願わずにはいられないのでした。

スマホの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!



ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ まとめ

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ分冊版」は

4巻まで出ています。

震災から何年たとうともそこに住み、

今もなお苦しみの中で生きている人がいるということを

決して忘れてはいけないんですよね。

そういうことを今更ながら気づかされる作品でした。

スマホの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!

パソコンの方はこちら

「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社 明日へ」を無料で立ち読み!



おすすめ電子コミックサイトランキング!

第1位!コミなび(めちゃコミ)

コミなびトップ

コミなび公式サイトを見てみる

 

【コミなびのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • オトナコミックがコミックサイトの中でも一番充実!
  • 買ったコミックをスマホに保存できる
  • 1巻まるごと無料を頻繁に行っている
  • ボーナスポイントがもらえる
  • 500円コースがお得なのでおすすめ!

※「めちゃコミ」という名称から変更された老舗のコミックサイトです。

9年以上の運営実績があるので安心。

2016年2月に東証一部に上場した「メディアドゥ」が運営しています。

 

第2位!BookLive

booklive

BookLive公式サイトを見てみる

 

【Bookliveのおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 約47万冊の電子書籍・電子コミックの在庫を持つ国内最大級の電子書籍サイト
  • マンガだけではなく、小説、雑誌、ライトノベル等もあります
  • 購入した作品は半永久的に閲覧可能です
  • Tポイントにも対応しています

 

第3位!まんが王国

まんが王国

まんが王国公式サイトを見てみる

 

【まんが王国のおすすめポイント】

  • 携帯電話キャリア決済に対応しており安全性も高い
  • 運営10周年を迎えた信頼出来るサイト
  • 「じっくり試し読み」で200ページも読める!
  • 「じっくり試し読み」作品は1300タイトル以上
  • 無料配信も日替わりで更新
ハッピーメール

YYC